ガス会社乗り換え

アパートのガス代が高くて困っているあなたが、簡単に4,000円以上安く値下げする方法!

アパート

アパートのガス代が高い理由

各アパートによって、都市ガスなのか、それともプロパンガスなのか異なりますが、都市ガスは安く、プロパンガスは高いという事実があります。

アパートのガス代が高い理由はプロパンガスを利用しているからです。

ではプロパンガスが高い理由を詳しく説明していきましょう。

ガス設備費用の上乗せ

プロパンガスにしろ都市ガスにしろ、ガスを供給してもらうためには、配管や給湯器といったガス設備を整える必要があり、都市ガスの場合はアパートを建設する際に、これら費用を大家さんが一括で支払いをしています。

しかしプロパンガスですと、ガス会社が負担するケースが多く、無償貸与という形でガスを供給しています。

都市ガスは全国ほぼ一律の料金設定となっていますが、プロパンガスは自由に価格を決めることが出来るため、ガス設備費用を負担することで多くの契約獲得に働きます。

無償貸与ですと、大家さんからしてみればガス設備費用を支払わないで済むことからメリットは大きいですが、そのしわ寄せが入居者にかかってきます。

形式上は無償貸与ですが、実際には毎月の従量単価に上乗せされており、消費者に気付かれないように支払わされているのです。

このことからどんなにガスを節約したとしても、一定の高い水準となってしまうワケです。

ガス会社を選べない

アパートの大家さんがガス会社と契約をしているため、入居者の判断でガス会社を選ぶことが出来ないのもガス代が高い理由の1つです。

一戸建ての場合、ガス会社が好き勝手な値上げをしてしまうと、簡単に他のガス会社に切り替えをされてしまうことから、ガス会社としても無茶な値上げをすることはありません。

アパートの大家さんにはガス会社を選ぶ権利がありますが、入居者にはその権利が無く、どんなにガス代が高くてもガス会社にクレームを入れることはもちろん、勝手に解約することも出来ないのです。

あくまでも契約者は大家さんであるため、ガス会社と入居者は平等な関係では無いということがわかります。

入居者がガス代に不満を持っていたとしても、他のガス会社に切り替えられてしまう心配がありませんので、不条理な値上げをすることがあります。

このような状況が全国に広がり、プロパンガスの相場を高くしているワケです。

ガス会社同士の繋がり

アパートの入居者に限らず、全国にプロパンガスの料金が高く設定されている理由として、ガス会社同士の繋がりが挙げられます。

1つのエリアで複数のガス会社が営業しており、そのガス会社同士が価格競争をすることで共倒れしてしまう可能性があります。

そのリスクを無くすために、ガス会社同士で「一定金額以上は下げないようにしよう」と裏で取り決めが行われています。

そうして出来たのがエリア毎の相場であり、その相場を下回ることが無いのです。

しかし、適正価格でガスの供給を行っている優良なガス会社と契約することにより、相場よりも安い価格でガスを使用することが出来るようになります。

大家さんの承諾でガス会社の切り替え

ガス会社

先程「入居者にはガス会社を選ぶ権利が無い」ということをご説明させていただきましたが、条件を満たすことでガス会社を切り替えることが出来ます。

ガス会社の切り替えに成功することで、現在よりも4,000円以上ガス代を安くすることも十分に可能です。

ただそのためには、大家さんの承諾が必要になります。

簡単に許可をもらえない理由

ガス会社を切り替えるためには大家さんの承諾が必ず必要となりますが、大家さんとガス会社には深い関係性があるため、そう簡単に許可を得ることは出来ません。

大家さんは無償貸与という形でガス会社と契約をしているのですが、その契約条件の中には「契約期間内に解約する場合には残存価格の支払い」という項目があるからです。

ガス会社は、予め設定した契約期間から毎月の上乗せ金額を決めており、途中で解約されてしまうと、負担費用を回収することが出来ないのです。

このことから、契約者である大家さんに残存価格を支払ってもらう必要があります。

大家さんからしてみれば、契約満了で無駄な支払いをする必要が無くなることから、入居者からガス会社変更の希望があったとしても、簡単に「はい」とは言えません。

ガス会社切り替えにあたっての大家さんとの交渉

交渉

上記のような理由で簡単に大家さんからガス会社切り替えの承諾をもらうことが出来ないことはご理解いただけたかと思いますが、それでも交渉の余地はあります。

大家さんとしても、入居者に不満を持ってもらいたく無いことから、ガス会社の切り替えを考えてくれるかと思います。

しかしただ単に「ガス会社を切り替えてください」という言葉だけでは、大家さんは負担を背負わなければいけないため、どうしようも無いのです。

ではどのように交渉を進めていけば良いのでしょうか?

入居者の総意

たった1人の入居者が大家さんにガス会社の切り替えを求めたところで、ほぼ確実に断られてしまうことでしょう。

ですので、入居者の総意だということを伝える必要があります。

アパートに住んでいる入居者全員の意見だということであれば、大家さんもガス会社切り替えを前向きに検討せざるを得ません。

だからと言って、入居者全員が揃って大家さんの元に出向くのは難しいかと思います。

そこでオススメしたい方法が、ガス会社切り替えを望む入居者の署名です。

全ての入居者から署名をもらい、それを大家さんに提出すると効果的です。

大家さんに対して少々脅し気味になってしまうかもしれませんが、場合によっては「ガス会社を切り替えしてくれないのであれば転居する」などと伝えるのも1つの交渉術です。

アパート経営にとって最も大切なのは入居率であり、転居されてしまうと大家さんの収入が減ってしまいます。

大家さんも前向きに考えてくれるようになるかと思います。

新しいガス会社に残存価格を支払ってもらう

入居者の総意により、大家さんが前向きに検討してくれたとしても、残存価格の支払いという大きな壁があります。

経済的に余裕があり、将来的な入居率アップということで大家さんが投資として残存価格分を支払ってくれれば良いのですが、捻出出来ないこともあるでしょう。

それでしたら、大家さんの負担を無くすために、新しく契約するガス会社に残存価格を支払ってもらいましょう

優良なガス会社でしたら、快く承諾してもらえるかと思います。

ただしあまりにも残存価格が高いと新しいガス会社としても負担を回収出来なくなるため、断られてしまうこともあります。

協会へ相談

相談

プロパンガスの料金が高いという現状から、協会が運営されており、そこへ相談することで優良なガス会社への切り替えをサポートしてくれます。

有名なところでは「一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会」が挙げられます。

協会では「相場では無く適正価格」をモットーとしており、消費者からの問い合わせに無料で相談に乗ってくれます。

しかも安心安全な優良ガス会社を紹介してくれます。

悪質な切り替え業者に注意

協会とは一切関係なく、悪質な切り替え業者による被害が多発しています。

しつこい訪問勧誘には十分に注意してください。

最初は格安のガス料金で供給し、数ヶ月後には元のガス会社よりも高くなっていた、なんて事例も報告されています。

口車に乗せられないよう、ガス会社の切り替えは慎重に行うようにしてください。

 

いかがでしたでしょうか?
今回は、アパートのガス代を値下げする方法についてご説明させていただきました。

条件こそありますが、貴方が今お使いのガス代は安くすることが出来ます。

アパートの入居者に協力してもらい、大家さんと話合いを進めていきましょう。

お得だけど注意点も!プロパンガス切り替え交換工事について

プロパンガス切り替え

プロパンガス切り替え交換工事とは

プロパンガス会社を切り替える際、それまで使用していたボンベやガスメーターなどは元のプロパンガス会社が引き取ることになるため、全て交換しなければいけません。

この交換作業のことをプロパンガス切り替え交換工事と言います。

都市ガスの配管工事とは異なり大掛かりな工事ではありませんので、早ければ30分程度、長くても1時間もあれば完了します。

切り替え交換工事費用

プロパンガス切り替え交換工事では、新しいプロパンガス会社がボンベ、ガスメーター、圧力調整器を利用者に貸し出す形になるので、費用はかかりません

また工事費についても無料となっていますので、初期費用として多額のお金を用意しておく必要はありません。

プロパンガス切り替え交換工事の具体的な内容

プロパンガス切り替え交換工事

プロパンガス切り替え交換工事がどういった工事なのかご理解いただいたところで、次にその具体的な内容についてです。

基本的には「ボンベの交換」「ガスメーターの交換」「圧力調整器の交換」が主な内容となります。

それでは一つづつご説明していきましょう。

ボンベの交換

そもそもガスボンベというのは、現在契約しているプロパンガス会社の所有物となりますので、きちんと全て撤去し、そのまま返却する必要があります。

これまで契約していたプロパンガス会社自ら撤去し、持ち帰ってもらえる場合もありますし、切り替えをした新しいプロパンガス会社の手により取り外し、指定された場所へ返却してくれる場合もあります。

どちらの方法にしましても、プロパンガスのボンベは取扱いが難しいため、利用者が何か作業しなければいけないということはありません。

ガスメーターの交換

ガスメーター、またはマイコンメーターと呼ばれる機器に関しても、ボンベと同じように全て撤去し返却することとなります。

このガスメーターというのはただ単にガスの使用量を記録しているだけではなく、安全機能としての役割も持っており、震度5以上の揺れを感知することでガスが自動的に遮断されます。

わざわざ人の手によって遮断する必要が無いため、震災時には非常に重宝する機器です。

それだけではなく、ガス漏れが発生した際や連続して長時間ガスの使用が確認された際も安全のため自動的に遮断します。

まさにプロパンガス使用で無くてはならない機器と言えるでしょう。

圧力調整器の交換

圧力調整器に関しても、他の機器と同様に撤去し返却する必要があります。

圧力調整器がどのような役割をしているのかと言いますと、ガスボンベのガスは非常に圧力が高いため、そのままでは家庭内でガスを使用することが出来ません。

この圧力調整器が働き、低い圧力に調整することでガスコンロなどの使用が可能になります。

他にもガスボンベの中のガスが無くなると予備のボンベへ自動的に切り替え、途切れることなく供給する役割も持ちます。

 

以上3つの機器を、プロパンガス切り替え交換工事で撤去し、新たに設置することになります。

プロパンガス切り替え交換工事が無料の理由

プロパンガス

一般的に、プロパンガス切り替え交換工事というのは、その工事にかかる費用をプロパンガス会社が全て負担してくれるケースが殆どとなります。

ただプロパンガス切り替え交換工事は決して安いものではなく、最低でも数万円~十数万円は必要であることから、どうして無料になるのか疑問に感じます。

そこでプロパンガス設備費用のカラクリをご説明します。

プロパンガス設置の習慣

プロパンガスの場合、住宅内への配管などプロパンガスの設備工事費用全てを無料で作業することが昔からの習慣となります。

つまり「無料でガスを使用出来る状態にしてあげるから、うちからガスを買ってくださいね」ということなのです。

長期間に渡ってプロパンガスを使用してもらい、毎月少しづつ設備費用を回収していました。

しかしプロパンガス会社を自由に選ぶことが出来るようになった平成8年のこと、消費者は簡単にプロパンガス会社を切り替えることが可能になったのです。

この自由化により、プロパンガス設置の習慣が切り崩されました。

現在では貸付契約が一般的

プロパンガスの配管工事をして、すぐに別のプロパンガス会社に切り替えをされてしまうと、設置費用を回収することが出来なくなります。

そこで最近では貸付契約が一般的となっており、リースと似たような形で毎月分割払いをしてもらうのです。

この貸付契約には「ガス料金の中に設備費用を含ませる」「ガス料金とは別にリース代金の支払い」と2種類があり、殆どのプロパンガス会社では前者を採用しています。

貸付契約期間内の別会社への切り替え

貸付契約期間内にその契約を解除して別のプロパンガス会社に切り替えをする場合には、設備費用の残額を支払う必要があります。

しかし必ずしも残額を支払わなければいけないワケではありません。

実は貸付契約をして5年ほど経過していることで、その残額(違約金)を新しいプロパンガス会社が肩代わりしてくれることがあるのです。

つまり、あまりにも貸付契約期間が短いと肩代わりが出来ないため、利用者が実費で支払わなければいけません。

その目安として5年と考えて良いかと思います。

プロパンガス切り替えの注意点

注意点

プロパンガス会社を上手に切り替えることで、確かにガス料金を安くすることは出来ますが、その際に注意するべきことがあります。

実際に切り替えようと検討している方は、是非参考にしてみてください。

売り込み価格に注意

プロパンガス会社は、一世帯でも多くの契約が欲しいことから、売り込み価格を非常に低く設定しセールスしてくることがあります。

契約当初は都市ガス並の低価格でガスの使用が可能になることもありますが、使い続けることで徐々にガス料金が上昇することがあります。

利用者に急な負担が発生しないよう単価を10円単位で上げていき、2~3年もすれば元のプロパンガス会社と同等、もしくはそれ以上になることだって考えられます。

また原油が高騰すると、待ってましたと言わんばかりに即座に値上げしてくるハズです。

そのような売り込み価格には十分に注意してください。

切り替え交換工事後のクーリングオフは適用外

プロパンガスもクーリングオフ対象なのですが、切り替え交換工事が終わった後はクーリングオフが適用されないなんていうプロパンガス会社もあります。

しかし法的には、契約してから一週間以内でしたらクーリングオフは可能です。

契約後、切り替え交換工事を始めるまで何もせず、一週間引き伸ばすプロパンガス会社もありますが、あからさまに工事後のクーリングオフをさせない魂胆丸出しです。

そのようなプロパンガス会社は信用に値しないので、避けた方が無難です。

委任状は納得してから署名捺印

新しいプロパンガス会社に切り替えをする時、「現在契約中のプロパンガス会社との解約手続きなどは、全て当社で引き受けます」「切り替え費用についての清算も全て当社にお任せください」などと、委任状を提示し署名捺印を求めてくることがあります。

しかし、実際に起こったトラブル事例として、委任して解約が完了したのにも関わらず、元のプロパンガス会社から撤去費用などを請求されることがあります。

このことから、プロパンガス会社との解約手続きについては、新しい会社に委任するのではなく、自分自身で手続きを進めていくようにしましょう。

それでもしつこく委任を求めてくるようなプロパンガス会社の利用は避けることをオススメします。

委任する場合には、きちんと説明を聞いて全て書類に残し、十分に納得してから署名捺印をしてください。

 

以上、今回はプロパンガス切り替え交換工事とその際の注意点について詳しくご説明してきました。

プロパンガスの料金は都市ガスよりも圧倒的に高額です。

だからこそプロパンガス会社の切り替えは検討の余地がありますが、急いで切り替えるのではなく、その手順や方法をしっかりと理解し、また正しくプロパンガス会社を選ぶようにしましょう。

あなたは払い過ぎている?!適正価格のプロパンガス会社に変更する方法!

プロパンガス

プロパンガス会社変更のメリット

プロパンガス会社を変更することによっての最も大きなメリットは、ガス料金を削減出来るということです。

上手に変更することにより、30~40%前後の削減に繋がりますので、少しでも生活費を節約したいという方にオススメです。

プロパンガス会社は自由に変更可能

多くの方が「プロパンガス会社は、変更出来ない」と思っているようですが、実際には後述する条件さえ満たしていれば誰でも変更が可能です。

貴方が日頃から利用しているガソリンスタンドを自由に選べるのと同じで、プロパンガス会社の選択も自由なのです。

安くなる理由

簡単に言ってしまえば、プロパンガスの料金には大きな幅があるからです。例えば一般的なプロパンガス会社ですと、単価250円で仕入れ、それを400~500円前後で消費者へと販売しています。

自由な価格設定が可能なことから、このような強気とも言える料金に設定しているワケです。また同じエリア内のプロパンガス会社同士で「これ以上は、値下げをしないようにしよう。」と裏で話し合っているといったことも実際にあるそうです。

その結果エリア毎の相場が高くなるのですが、実はプロパンガスには適正価格というものがあります。この適正価格で販売しているプロパンガス会社と契約することによって、現在よりも大幅に料金を安くすることが出来るのです。

プロパンガス会社を変更するための2つの条件

2つの条件

プロパンガスを変更することによりガス料金の削減が可能ということをご理解いただけたかと思いますが、まずは条件を満たしていなければいけません。

それには、大きく2つの条件が挙げられますので、簡単にご説明していきます。

新築時から5年以上経過している

あくまでも目安ですが、新築時から最低5年という年月が経過していなければ大きな損をしてしまうことになります。この条件は、プロパンガス会社変更において最も重要な要素になってきます。

新築時にはプロパンガスをご家庭内に供給するために、専用の配管を設置する必要があるのですが、これが非常に高額費用となります。しかし配管設置工事は家主ではなく、殆どの場合プロパンガス会社が費用を負担しています。この時に交わされる契約が「無償貸与契約」です。

無償貸与契約がプロパンガス会社変更時の大きなトラブルとなるケースが多く、契約期間が終わっていないと配管の所有権はプロパンガス会社にあるということになります。

契約期間内にプロパンガス会社を変更したい場合には、設置費用を支払って所有権をもらう必要があるのですが、15年契約など長期間の契約をしていたとしても、実際には5年ほど経過していれば問題ありません。

残り10年の契約期間がありますが、その分は新しいプロパンガス会社が違約金を肩代わりしてくれることがあるからです。

あまりにも築年数が短過ぎると肩代わり金額が大きくなり断られてしまうこともありますのでご注意ください。

賃貸の場合には大家さんの許可が必要

マンションやアパート、借家など、賃貸物件に住んでいてプロパンガス会社を変更したい場合には、必ず大家さんから許可をもらわなければいけません

勝手に変更してしまうと大きなトラブルが生じ、裁判沙汰にまで発展してしまう可能性だってあります。そもそも、賃貸物件におけるプロパンガス会社変更の決定権を持っているのは、大家さんなのです。

もし大家さんからNGが出た場合には、プロパンガス会社の変更は出来ませんのでご注意ください。

プロパンガス会社を変更する前に知っておくべきこと

署名する人

せっかくプロパンガス会社を切り替えることが出来たとしても、以前よりも高額な料金になってしまったり、何かしらのトラブルに巻き込まれてしまったら大変です。

実際にプロパンガス会社を変更する際には、いくつか知っておくべきことがあります。

提示金額は適正価格ですか?

現在の日本には全国各地に大小様々なプロパンガス会社が営業しており、適正価格で販売している優良店、そして相場を遥かに超えた価格設定をしている会社もあります。新しいプロパンガス会社を探している時、どうしても営業マンの話だけを鵜呑みにしてしまう方が多いですが、それでは駄目です。

営業マンは一件でも多くの契約を取りたいがため、消費者に対して「弊社はとってもお得です!」「相場を下回ってます!」などと話をしてくるでしょう。しかし相場を下回りどんなにお得であったとしても、エリア相場が元々高かったら何も意味がありません。

大切なのは適正価格であり、後ほどご説明するプロパンガス料金消費者協会が公開する適正価格が参考になります

無償貸与の条件チェック

配管工事や給湯器の設置など、プロパンガス会社ではそれらを無償貸与という形で提供していることがあります。消費者にとって非常にありがたく感じるのですが、実際にはその適用条件として、解約時の精算や買取が必須となっているケースも多くあります。

どのような条件なのかを契約前にきちんと確認しておくようにしましょう。無償貸与は消費者にとってお得そうですが、実際にはプロパンガス会社に大きな利益があるものなのです。

契約書を隅々まで読む

何事に関しても契約書を殆ど読まずに契約を交わしてしまう方がいますが、それでは大きなトラブルや勘違いが生じてしまう恐れがあります。プロパンガス会社と消費者との間には、プロパンガス法とも呼ばれる「液化石油法14条書面」が渡されます。

この書類には「プロパンガスの種類」「料金制度」「所有関係」「変更や修繕、解約時の費用」など、たくさんの重要項目が記載されています。営業マンが話をしていたことと契約書の内容に違いが無いかを隅々まで読んで確認してください。営業マンとの水掛け論になったときには、営業マンの話よりも契約書に書かれていることが真実なのです。

プロパンガス料金消費者協会での変更条件

プロパンガス

上記のように個人でプロパンガス会社を切り替えるためには、様々なチェックポイントに気をつけなければいけないのですが、プロパンガス料金消費者協会に依頼することにより、安心安全に適正価格のプロパンガス会社と契約が出来るようになります。

しかもプロパンガス料金消費者協会は完全無料で依頼が可能なため、大変お得に切り替えが出来るのです。ただし、プロパンガス料金消費者協会へ依頼するためには3つの条件があります。

まずその内2つの条件は、先述した「新築時から5年以上経過している」「賃貸の場合には大家さんの許可が必要」となります。

プロパンガス料金消費者協会の対象エリアであること

プロパンガス料金消費者協会は都道府県すべてを対象としているワケではなく、中国地方、四国地方、九州地方の一部で非対象エリアが存在します。

プロパンガス料金消費者協会へ依頼するための3つの条件の3つ目は「プロパンガス料金消費者協会の対象エリアであること」です。

非対象エリアにお住まいの方が、プロパンガス料金消費者協会に依頼をしてプロパンガス会社の変更は出来ませんのでご注意ください。

対象エリアでしたら完全無料で適正価格のプロパンガス会社を紹介してもらえます。

プロパンガス会社変更で悪質な代理会社の存在

トラブル

プロパンガス会社の変更を個人で全て行うためには様々な条件や注意点があるため、そこを狙った悪質な代理業者が増えてきています。

騙されることの無いよう、簡単に委任状を渡すのは避けましょう。

電話で勧誘する悪質業者

電話を使い「ガスの料金調査です」などと近付き、最終的には切り替えを誘うというという手段が多く報告されています。

「○○協会」「○○消費者センター」などと、公的機関のような名称を名乗ってくるケースが多いので注意が必要です。

報酬目的の委任状は禁止

報酬を受け取り第三者として委任状を受け取ることが出来るのは弁護士のみであり、資格の無い者が報酬有りの委任状を受け取ることは法律で禁止されています。「有料にて現在のプロパンガス会社と円満に解約し、お得なプロパンガス会社を紹介します。」などと弁護士でも無い人が近付き、委任状を求められても絶対に渡してはいけません。

 

いかがでしたでしょうか?

プロパンガス会社の変更方法と条件、そしてその際の注意点についてある程度ご理解いただけたかと思います。賢く安全にプロパンガス会社を変更するためにも、条件の確認や紹介などは、プロパンガス料金消費者協会などの信頼出来る機関に相談することをオススメします。