なぜ都市ガスは安いのか?そしてガス自由化でプロパンガスも安くなる!

ガス会社

都市ガスとプロパンガスの料金比較

まず最初に、プロパンガスと比べて都市ガスがどの程度安いのかを比較してみます。

実際に比較してみますと、驚くほどの違いがあることを再認識されると思います。

都市ガスの料金

都市ガスと言いましても、日本全国にたくさんの会社があり、大手と呼ばれているのが東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガスで、他にも全部で200社以上あります。

各都市ガス会社により料金設定に多少の違いがありますが、平均的な基本料金は900円程度で単価は200~300円程度です。

例えば1ヶ月に20㎥のガスを使用したとしますと、「900円(基本料金)+200円(単価)×20㎥」で、4,900円になり、単価が300円でも6,900円です。

プロパンガスの料金

では次にプロパンガスについてですが、都市ガス会社よりも日本全国に数多くあります。

各プロパンガス会社では自由に料金を設定することが出来るのですが、価格競争を避けるため、各地域で相場を決めていることが多いです。

あくまでも全国的な相場ですが、基本料金は2,000円程度、単価は400~500円程度です。

これを先程の計算式に当てはめてみますと、「2,000円(基本料金)+400円(単価)×20㎥」で、10,000円になり、単価が500円ですと12,000円にもなります。

このことから、都市ガスとプロパンガスとでは、ガス料金に2倍ほどの開きがあることがわかります。

都市ガスが安い理由は?

料金比較

上記「都市ガスとプロパンガスの料金比較」で、どれだけ都市ガスが安くガスを供給しているのかご理解いただけたかと思います。

しかし都市ガスが安いと言いましても、ガスの質が悪いというワケではありません。

成分こそ違いますが、どちらも同じようにガスエネルギーとして使用することが出来ます。

では都市ガスが何故安いのかを具体的にご説明していきます。

供給方法の違い

都市ガスというのは、地中に埋められているガス管を通じて各ご家庭へガスを供給しており、既にガス管がガス使用敷地内まで伸びていれば新たな設置工事は必要ありません

つまり配管工事を行わない限り、ガス供給に手間が必要無いワケです。

それとは反対にプロパンガスの場合は、ガスボンベを各ご家庭へ運搬する必要があり、さらにガスボンベには容量がありますので、空になると再度交換作業が発生します。

また定期的なメンテナンスも必要であることから、どうしてもマンパワーが必要となります。

都市ガスはセンターにて一括管理されているため、わざわざ各ご家庭にまで足を運ぶ必要が無いのです。

このことから人的な作業を多く必要とするプロパンガスは必然的に料金が高くなり、都市ガスは安くガスの供給が出来るのです。

価格競争の無いプロパンガス

都市ガスは国により料金が決められており、全ての都市ガス会社はほぼ同等の料金でガスを供給していますが、プロパンガスは各会社で自由に料金を決めることが出来ます。

そうなると、公共料金である都市ガスが安く供給しているのには納得出来ますが、自由に料金を決められるプロパンガスも価格競争によって安くなるのではないのか?と思ってしまうかもしれません。

確かに世の中にある様々な職種における同業者というのは、とにかく低料金にして差別化を図ろうとします。

しかしプロパンガス業界では、この価格競争が無いのです。

これは同じエリアで営業しているプロパンガス会社同士で暗黙のルールとなっており、「今以上に料金を下げるのは止めましょう」と意思が一致しているのです。

つまりプロパンガスにも相場はありますが、それはあくまでもプロパンガス会社が決めた相場であり、本来の適正価格とは異なります。

このように相場を崩さず、高いガス料金の水準をプロパンガス会社同士、水面下で維持していることから、都市ガスよりも高くなるワケです。

設備費用の無い都市ガス

都市ガスの場合、既に設備が整っていることから、新たに費用が発生することはありませんが、プロパンガスではガスボンベだけではなく、ガスメーターなどの設備費用が必要です。

この設備費用、契約当初に支払う必要は無く、プロパンガス会社が負担してくれます。

プロパンガス会社が本当に全て負担してくれるのであれば、非常に助かるのですが、実際にはそういうワケではありません。

プロパンガスの設備費用というのは、10万円単位と高額になるため、それを全世帯プロパンガス会社が負担していたら、収益からどんどん削らなければいけなくなります。

そこで少しづつ利用者から回収をしているのです。

多くの場合、毎月のガス料金の中に設備費用を含めているため、結果的に支払い金額が高くなります。

これが都市ガスとプロパンガスの料金に差を生じさせている理由の一つです。

都市ガスとプロパンガスの料金の今後

ガス料金

今世間では、電力自由化が注目を集めていますが、今後都市ガスに関しても自由化が始まり、消費者は自由に好きなガス会社を選ぶことが出来るようになります

このガス自由化が、都市ガスとプロパンガスの今後のガス料金に影響を与えると予想されています。

ではガス料金にどのような影響が出てくるのかご説明していきましょう。

都市ガスの価格競争によりさらにガス料金が安くなる

ガスを利用する消費者にとって最も嬉しいのが、ガスの自由化で都市ガスの料金が安くなるということです。

これまでの都市ガスは、ほぼ一律のガス料金でしたが、自由化後は各社で料金設定が出来るようになり、必然的に価格競争が発生します。

さらに、ガス料金だけではなく、様々な魅力的なオプションの提供が始まり、これらをセットで契約することでトータル的な支払額が割引されることも考えられます。

私達は、最も低料金で、尚且つ魅力的なオプションのある都市ガス会社を見つけ、現在契約している都市ガス会社から乗り換えをすることになるでしょう。

このようにガス自由化は、都市ガス利用者にとって、待ちに待った制度だと言えます。

プロパンガスも自由化の波を受ける可能性がある

検討

全ての世帯が対象となるワケではありませんが、一部のプロパンガス利用者は、ガス料金が安くなる可能性があります。

対象となりえるのは、都市ガスの供給エリア内、もしくは近くまでガス管が通っていて、少しの工事で都市ガスを利用出来る世帯です。

プロパンガスから都市ガスに切り替えることでガス料金は大幅に安くなります。

 

ガス自由化により、各都市ガス会社では積極的なセールスを行い、供給可能なエリア周辺に住んでいてプロパンガスを利用している世帯へは、都市ガスへの切り替えを推してくるでしょう。

その動きに待ったをかけるのが現在契約中のプロパンガス会社で、都市ガスに切り替えされないためにも、ガス料金を安く提供するようになります。

まさに願ったり叶ったりでありますが、都市ガス供給エリアから遠い場所の場合は、よほど希望世帯が増えない限りガス管を延ばすようなことはないと思います。

このことから、プロパンガス会社も都市ガスに切り替えられる心配が無いため、これまで通りの強気なガス料金を維持してくるでしょう。

 

都市部と地方でガス料金に大幅な違いが出てくると予想されているため、もしかしたら国が動いてくれる可能性もありますので、これからの動向に期待しましょう。

都市ガスは、ただ低料金でガスを利用出来るというメリットだけではなく、安定供給や大手の安心感など様々なメリットがあります。

ただ、都市ガスは災害からの復旧に弱かったり、ガス管を延ばす場合には高い費用がかかるというデメリットもあります。

都市ガスもプロパンガスも、それぞれメリット・デメリットがありますので、よく検討して切り替えや乗り換えを行うことが大切です。

SNSでもご購読できます。