都市ガスのガス種13aと12aの4つの違い!

ガスコンロ

家庭で使用するガスの種類にはプロパンガスと都市ガスがあり、都市ガスにも12aと13aがあります。

都市ガスを使用しても、12aと13aでは違い、12a対応のガス機器では13aのガスが使えないように、そのガスの種類に対応したガス機器でないと使うことは出来ません。

都市ガスにもいくつも種類がありますが、現在は12aと13aが主流となっています。

都市ガスの種類

ガス

都市ガスは算出する地域によって、成分も組成も違いがあり、以下の7種類の大きく分けられます。

13a、12a、6a、5c、L1(6B・6C・7C)、L2(5A・5B・5AN)、L3(4A・4B・4C)となります。

このように多くの種類が存在し、消費者としては混乱してしまいます。

そこで現在は統一する動きになっており、都市ガスのほとんどが12aと13aになっています。

将来的には一番熱量の高い13aに統一するように、経済産業省主導で進められています。

12aと13aの違い

都市ガスの12aと13aの違いは、熱量の違いです。

元々都市ガスは上記のように7種類に分けられており、これは熱量の違いで種類分けされているのです。

ガスは気体なので㎥という単位であり、立方メートルと読みます。

そして1㎥あたりの熱量は以下の通りです。

ガス種 熱量
12a 9,070~11,000kcal/㎥
13a 10,000~15,000kcal/㎥

これを見ると13aの方が若干熱量が高いことがわかるでしょう。

現在は日本国内の都市ガスは、ほとんどのガス会社で13aになっており、12aの都市ガスは一部の地域でのみ使用されています。

使う都市ガスが12aか13aかの見分け方

ガスメーターには、ガスの種類が記載されているので、都市ガスを使用しているなら12aか13aかを確認できます。

確実にするなら、契約しているガス会社にどのガスを使用しているか確認するのが良いでしょう。

ガスコンロなどのガス機器を使用するときは、使用するガスの種類に対応したガス機器を使用しないとなりません。

ガス機器には必ずどこかにラベルなどで、仕様が記載されており、どのガスに対応しているか確認できるので、その表記を見て確かめることが出来ます。

ちなみにガスコンロであれば、メーカーのサポートの人に来てもらって、対応するガスで使えるように中の部品を交換してもらえますが、有料での交換となります。

都市ガスからLPガスへ、その反対にも対応可能です。

数字の意味

都市ガスを表す12aや13aの数字は、熱量を意味します。

たとえば、13aは10,000~15,000kcal/㎥であり、6aは5,800~7,000kcal/㎥となり、数字が小さいほど熱量は小さくなります。

都市ガスには6aや6bというアルファベットの違う種類のガスもありますが、都市ガスのアルファベットにはabcと3つあり、これは燃焼速度を表します。

aは遅い、bは中間、cは速いという意味です。

12aと13aでは使用するガス機器は違うのか?

12aと13aの都市ガスでは僅かに熱量に違いがあり、基本は使用するガス機器は違ってきます。

12aは12a用のガス機器を、13aは13a用のガス機器を使用するべきです。

昔のガス機器はこのように都市ガスの種類が違うと使えないということが多いのですが、最近のガス機器は12aと13a両方に対応したタイプも多いです。

このような両方に対応したガス機器であれば、都市ガスの種類を気にせずに使えます。

また12aと13aのそれぞれのガス機器では、部品交換するとどちらにも対応させることが可能です。

古いガス機器なら、12aまたは13aにしか対応していないことが多いので、違う種類の都市ガスを使うときは、部品交換する必要があるかもしれません。

ただし部品交換手数料は、1万円近くしますので、新品を買った方が安い場合もあります。

成分は会社によって違う

ガス会社

都市ガスは多くのガス会社で13aになっていますが、その成分は違いがあります。

たとえばメタンの割合が東京ガスだと89.6%であり、大阪ガスだと88.9%、東邦ガスだと87.5%となり割合が違います。

都市ガスの成分はメタンの他にも、エタンやプロパンやブタンも含まれており、この割合もそれぞれのガス会社で違います。

ガスの種類は13aであっても、成分はそれぞれのガス会社で違うのです。

これは、輸入している天然ガスの産地が違うために、成分の違いも生まれます。

成分が違えば当然のことながら熱量も違ってきますので、各ガス会社で熱量調整を行い13aとしてふさわしい熱量にしています。

熱量調節は消費者への負担に反映される

熱量調節を行えば、それだけコストもかかり、そのコストは消費者に反映されます。

本来は12aや13aぐらいの熱量の違いであれば、ほとんどのガス機器では問題なく使えます。

その証拠に欧米などでは、日本ほど厳密に都市ガスの熱量を調節はしていません。

コストをかけてまで熱量を調節することは、消費者への負担にもなり、その結果として日本のエネルギー料金は世界的に見ても高額になっています。

ただこの熱量調節にかかるコストは、以前よりは軽減はされていますが、それでも今後も熱量調節は行われていく予定です。

またガスの自由化が2017年には行われますが、新規参入の会社もガス販売に乗り出してきます。

それでも自由化のあとも、新規参入のガス会社を含めてすべてのガス会社で、13aに統一して供給が行われていく予定です。

SNSでもご購読できます。