ガス自由化でも安全性・安定供給が保証されている4つの理由!

安全性

ガス自由化とは

ガス自由化とは、これまで地域の都市ガス会社1社からしか選ぶことが出来なかったのが、複数社から選ぶことが出来るようになる制度であり、私達消費者に与える最大のメリットは、ガス代が安くなることです。

ガスというのは、大きく「都市ガス」「簡易ガス」「プロパンガス(LPガス)」のように3つのタイプがあります。

2017年4月からのガス自由化では、都市ガスと簡易ガスが対象となっています。

敷地内に専用のガスボンベを設置し、そこから配管を通じて家庭内にガスを供給するプロパンガスに関しては、既に1996年には自由化が始まっています。

ちなみに簡易ガスというのは、団地やマンションなどの70戸を超える共同住宅で主に使用されているガス供給方法となります。

都市ガスと簡易ガスの自由化により「料金低下」「様々なサービスとプランの登場」「導管網の整備」など、数多くのメリットが期待出来ます。

新規参入会社について

新規参入会社

ガス自由化により、従来までの大手ガス会社だけではなく、様々な会社がガス事業に乗り出すと予想されており、新規参入会社として消費者の選択肢が広がります。

例えば、今現在プロパンガスだけを販売している地域のガス会社が都市ガス事業に参入したり、2016年4月から始まった電力自由化で新規参入した通信会社もガス自由化には興味を持っているようです。

大手会社が次々と参入

最も有力と言われている会社として東京電力や関西電力、中部電力など大手電力会社が挙げられ、その他にも石油会社や大手総合商社などもガス事業へ参入してくることでしょう。

これら大手会社では、既にガスの取り扱いが始まっており、大口の需要家に対しての供給量で上位を独占しています。

もちろん大手だけではなく、中小企業や個人でもガス事業に興味を持ち始め、地域密着型のガス会社も数多く誕生することでしょう。

このように様々な会社がガス自由化に参入してくると言われていますが、これまでの都市ガス会社のように、安全性が確立していて、常に安定したガス供給が可能なのか疑問に感じます。

次の項でその疑問点を解決していきましょう。

ガス自由化での安全性

安全性

ガスというのは、一歩間違えれば自分はもちろん、近所にも多大なる被害を与えてしまう恐れのあるエネルギーであり、ガス自由化後もこれまでと同様に安全性が最重要視されます。

大幅に電気代が安くなる電力自由化には積極的に乗り、既に切り替えを行っている方も多いかと思いますが、ガスとなると話は別です。

ガス会社が変わることに対して、何らかの不安を抱えてしまう方も多いでしょう。

ガスの品質は全く変わらない

「ガス会社を切り替えた途端に有毒性のあるガスが供給される…」「品質が悪くガス爆発が起きやすくなる…」のように、ガスの品質面で心配する必要は全くありません。

日本では「ガス事業法」と呼ばれる、ガスの品質を維持するための法律が定められており、ガス自由化もこの法律は厳守されます。

とは言いましても、最近では大手でも品質管理や業務報告などで不祥事が目立っているため、法律を破ってしまうこともあるのではないか?と心配してしまうのも仕方ありません。

しかしガス会社を切り替えしたところで、安全性が低下するといったことは一切ありませんのでご安心ください。

共同のガス管を使用

ガス自由化後も、従来から設置されているガス管を使用するため、ガス管の所有者である大手ガス会社が厳しく管理をします。

全てのガス会社が同じガス管を経由してガスが供給されてくるワケですから、ガス会社を切り替えたとしても、自分の家だけ安全性の低いガスが供給されるなんてことはありません。

特定のガス会社を選んだことにより、有毒性ガスが送られてくる…そんな心配は絶対に無いのです。

ガス漏れなどのトラブル時の対応

どんなにガス自体に安全性が確立されていたとしても、ガス漏れなどのトラブル時にきちんと対応してくれないようであれば、安心してガスを供給してもらうことは出来ません。

しかしこの点に関してもご安心ください。

万が一のトラブル時には、これまで通りに地域のガス会社が対応してくれます。

ガス自由化が決定された当初、トラブル時も契約しているガス会社が対応するべきだという議論があったそうですが、新規参入会社の中にはガスの知識が低いところも多くあります。

そのため、全ての世帯に十分な安全性が確保されないということで、従来のガス会社が責任を持って対応してくれることになりました。

このように責任の請負がきちんとされていますので、私達消費者も安心してガス会社を切り替えることが出来ます。

ガス自由化で安定供給は大丈夫なのか?

大丈夫

ガス自由化後も安心安全にガスの供給を受けられるということをご理解いただけたかと思いますが、安定供給に関しても心配はいりません。

これまで通り、常に安定したガス供給が行われます。

新しく契約をしたガス会社の何らかのトラブルにより、ガス供給が停止することはありません。

地域のガス会社でフォローし、バックアップ体制が整っていますので、一切停止することなく、そのままガスが供給されます。

このバックアップ体制に関しては、ガス会社同士で取り決めしているワケではなく、国により決められていることですので安心してください。

ガス会社を切り替えたことで消費者に何らかのトラブルを生じさせないために、国が先頭に立ち、制度が作られているのです。

ガス会社の撤退や倒産による影響

影響

契約しているガス会社がガス事業から撤退したり、経営不振で倒産したりする可能性は考えられますが、ガス会社が無くなったとしてもガスはそのまま安定供給されます。

ガス管の所有者であるガス会社が「最終保障供給約款」と呼ばれるものを持っており、ガスの消費者がどこの会社ともガス契約が行われていないような状態になってしまった時に適用されるからです。

急にガスが使えなくなると生活に大きな支障を与えてしまうため、私達消費者は「最終保障供給約款」で守られているのです。

最終保障供給約款適用後には新しいガス会社を選ぶ

この最終保障供給約款は、一時的な緊急避難的なものであるため、地域のガス会社が安定供給を保障してくれるのは1ヶ月のみとなります。

1ヶ月を過ぎると最終保障供給約款が無効となり、ガスの供給が停止します。

つまりこの1ヶ月の間に、新しいガス会社を選ばなければなりません。

そのまま地域のガス会社と契約するのも良いですし、新規参入会社から探すのも問題ありません。

ここで注意点としまして、最終保障供給約款の適用中も当然ガス料金が発生しているということです。

ガス供給を保護してくれた地域のガス会社へ直接支払うことも可能ですが、新しく契約したガス会社にまとめて支払う方法もあります。

後者の方がガス料金は安くなるそうですので、万が一の時のために覚えておくと良いでしょう。

 

このようにガス自由化が始まったとしても、これまで通りに安全性の高いガスが安定して供給されることがわかったと思います。

せっかくガス料金が安くなる制度なのですから、積極的にガス会社の切り替えをすることをオススメします。

ただし必ずしもガス料金が安くなるワケではなく、場合によっては殆ど変わらなかったり、逆に高くなることもありますので、事前にきちんと正しい方法で見直しすることが大切です。

また今回の記事は、現段階における経済産業省のガスシステム改革小委員会が公開している資料を参考にして作成させていただきました。

今後、ガス自由化が本格的に始まることにより、内容が大きく変わる可能性も考えられますのでご注意ください。

SNSでもご購読できます。