アパートのガス代が高くて困っているあなたが、簡単に4,000円以上安く値下げする方法!

アパート

アパートのガス代が高い理由

各アパートによって、都市ガスなのか、それともプロパンガスなのか異なりますが、都市ガスは安く、プロパンガスは高いという事実があります。

アパートのガス代が高い理由はプロパンガスを利用しているからです。

ではプロパンガスが高い理由を詳しく説明していきましょう。

ガス設備費用の上乗せ

プロパンガスにしろ都市ガスにしろ、ガスを供給してもらうためには、配管や給湯器といったガス設備を整える必要があり、都市ガスの場合はアパートを建設する際に、これら費用を大家さんが一括で支払いをしています。

しかしプロパンガスですと、ガス会社が負担するケースが多く、無償貸与という形でガスを供給しています。

都市ガスは全国ほぼ一律の料金設定となっていますが、プロパンガスは自由に価格を決めることが出来るため、ガス設備費用を負担することで多くの契約獲得に働きます。

無償貸与ですと、大家さんからしてみればガス設備費用を支払わないで済むことからメリットは大きいですが、そのしわ寄せが入居者にかかってきます。

形式上は無償貸与ですが、実際には毎月の従量単価に上乗せされており、消費者に気付かれないように支払わされているのです。

このことからどんなにガスを節約したとしても、一定の高い水準となってしまうワケです。

ガス会社を選べない

アパートの大家さんがガス会社と契約をしているため、入居者の判断でガス会社を選ぶことが出来ないのもガス代が高い理由の1つです。

一戸建ての場合、ガス会社が好き勝手な値上げをしてしまうと、簡単に他のガス会社に切り替えをされてしまうことから、ガス会社としても無茶な値上げをすることはありません。

アパートの大家さんにはガス会社を選ぶ権利がありますが、入居者にはその権利が無く、どんなにガス代が高くてもガス会社にクレームを入れることはもちろん、勝手に解約することも出来ないのです。

あくまでも契約者は大家さんであるため、ガス会社と入居者は平等な関係では無いということがわかります。

入居者がガス代に不満を持っていたとしても、他のガス会社に切り替えられてしまう心配がありませんので、不条理な値上げをすることがあります。

このような状況が全国に広がり、プロパンガスの相場を高くしているワケです。

ガス会社同士の繋がり

アパートの入居者に限らず、全国にプロパンガスの料金が高く設定されている理由として、ガス会社同士の繋がりが挙げられます。

1つのエリアで複数のガス会社が営業しており、そのガス会社同士が価格競争をすることで共倒れしてしまう可能性があります。

そのリスクを無くすために、ガス会社同士で「一定金額以上は下げないようにしよう」と裏で取り決めが行われています。

そうして出来たのがエリア毎の相場であり、その相場を下回ることが無いのです。

しかし、適正価格でガスの供給を行っている優良なガス会社と契約することにより、相場よりも安い価格でガスを使用することが出来るようになります。

大家さんの承諾でガス会社の切り替え

ガス会社

先程「入居者にはガス会社を選ぶ権利が無い」ということをご説明させていただきましたが、条件を満たすことでガス会社を切り替えることが出来ます。

ガス会社の切り替えに成功することで、現在よりも4,000円以上ガス代を安くすることも十分に可能です。

ただそのためには、大家さんの承諾が必要になります。

簡単に許可をもらえない理由

ガス会社を切り替えるためには大家さんの承諾が必ず必要となりますが、大家さんとガス会社には深い関係性があるため、そう簡単に許可を得ることは出来ません。

大家さんは無償貸与という形でガス会社と契約をしているのですが、その契約条件の中には「契約期間内に解約する場合には残存価格の支払い」という項目があるからです。

ガス会社は、予め設定した契約期間から毎月の上乗せ金額を決めており、途中で解約されてしまうと、負担費用を回収することが出来ないのです。

このことから、契約者である大家さんに残存価格を支払ってもらう必要があります。

大家さんからしてみれば、契約満了で無駄な支払いをする必要が無くなることから、入居者からガス会社変更の希望があったとしても、簡単に「はい」とは言えません。

ガス会社切り替えにあたっての大家さんとの交渉

交渉

上記のような理由で簡単に大家さんからガス会社切り替えの承諾をもらうことが出来ないことはご理解いただけたかと思いますが、それでも交渉の余地はあります。

大家さんとしても、入居者に不満を持ってもらいたく無いことから、ガス会社の切り替えを考えてくれるかと思います。

しかしただ単に「ガス会社を切り替えてください」という言葉だけでは、大家さんは負担を背負わなければいけないため、どうしようも無いのです。

ではどのように交渉を進めていけば良いのでしょうか?

入居者の総意

たった1人の入居者が大家さんにガス会社の切り替えを求めたところで、ほぼ確実に断られてしまうことでしょう。

ですので、入居者の総意だということを伝える必要があります。

アパートに住んでいる入居者全員の意見だということであれば、大家さんもガス会社切り替えを前向きに検討せざるを得ません。

だからと言って、入居者全員が揃って大家さんの元に出向くのは難しいかと思います。

そこでオススメしたい方法が、ガス会社切り替えを望む入居者の署名です。

全ての入居者から署名をもらい、それを大家さんに提出すると効果的です。

大家さんに対して少々脅し気味になってしまうかもしれませんが、場合によっては「ガス会社を切り替えしてくれないのであれば転居する」などと伝えるのも1つの交渉術です。

アパート経営にとって最も大切なのは入居率であり、転居されてしまうと大家さんの収入が減ってしまいます。

大家さんも前向きに考えてくれるようになるかと思います。

新しいガス会社に残存価格を支払ってもらう

入居者の総意により、大家さんが前向きに検討してくれたとしても、残存価格の支払いという大きな壁があります。

経済的に余裕があり、将来的な入居率アップということで大家さんが投資として残存価格分を支払ってくれれば良いのですが、捻出出来ないこともあるでしょう。

それでしたら、大家さんの負担を無くすために、新しく契約するガス会社に残存価格を支払ってもらいましょう

優良なガス会社でしたら、快く承諾してもらえるかと思います。

ただしあまりにも残存価格が高いと新しいガス会社としても負担を回収出来なくなるため、断られてしまうこともあります。

協会へ相談

相談

プロパンガスの料金が高いという現状から、協会が運営されており、そこへ相談することで優良なガス会社への切り替えをサポートしてくれます。

有名なところでは「一般社団法人 プロパンガス料金消費者協会」が挙げられます。

協会では「相場では無く適正価格」をモットーとしており、消費者からの問い合わせに無料で相談に乗ってくれます。

しかも安心安全な優良ガス会社を紹介してくれます。

悪質な切り替え業者に注意

協会とは一切関係なく、悪質な切り替え業者による被害が多発しています。

しつこい訪問勧誘には十分に注意してください。

最初は格安のガス料金で供給し、数ヶ月後には元のガス会社よりも高くなっていた、なんて事例も報告されています。

口車に乗せられないよう、ガス会社の切り替えは慎重に行うようにしてください。

 

いかがでしたでしょうか?
今回は、アパートのガス代を値下げする方法についてご説明させていただきました。

条件こそありますが、貴方が今お使いのガス代は安くすることが出来ます。

アパートの入居者に協力してもらい、大家さんと話合いを進めていきましょう。

SNSでもご購読できます。