ガス会社の乗り換えを検討しているあなたへ!ガス料金の全国平均を調べました!

ガス料金

都市ガスとプロパンガスで大きく異るガス料金

現在の日本では、都市ガスが利用出来るエリアが限られていることから、都市ガスエリア外ではプロパンガス会社と契約する必要があり、これらはガス料金に大きな違いがあります。

プロパンガスは都市ガスよりもガス料金が高いという事実があります。

公共料金だから安い都市ガス

東京ガスや大阪ガス、東邦ガス、西部ガスなど都市ガスを供給しているガス会社は国によりガス料金が決められているため、公共料金の一種となることから比較的安価な料金でガスを利用することが出来ます。

都市ガスの基本料金は平均1,000円前後であり、単価は300円前後となります。

ガスの使用量により基本料金と単価に違いが生じますが、それでも公共料金ですのでプロパンガスと比べてガス料金は安くなります。

自由に価格が決められるプロパンガス

都市ガスは公共料金ですが、同じガスでもプロパンガスの場合は各社で自由に価格を決めることが出来るため、どうしても全体的なガス料金が割高になります。

少々ニュアンスが異なりますが、病院にも「保険診療」と「自由診療」があり、後者は自由に診療料金を決められることから、高い病院と比較的安い病院があります。

ガス料金もこれと同じです。

「競合することで都市ガスよりも安くなるのでは?」とお思いかもしれませんが、エリア毎に概ねの相場が設定されていることから、極端に安くなることはありません。

ガス料金の全国平均は?

全国平均

家族の人数によりガス使用量に違いが出てきますが、日本では一世帯4人が最も多く、その場合の1ヶ月におけるガス料金の平均は8,000~10,000円程度と言われています。

これはあくまでも一般家庭の平均であり、飲食店などガスを多く使用する場合には、当然平均よりも多くなります。

そして都市ガスとプロパンガスとで、ガス料金の全国平均も異なります。

都市ガスの全国平均

先述していますが、都市ガスはプロパンガスよりも安価で使用出来るため、当然全国平均はプロパンガスよりも安くなります。

4人家族の平均使用量は1ヶ月20㎥であるため、「基本料金(1,000円)+単価(150円)×20」で4,000円になります。

先程、ガス料金の平均は8,000~10,000円程度と書かせていただきましたが、20㎥で4,000円という結果から「平均が高過ぎないか?」と疑問に感じるかと思います。

これは夏場は少なく冬場は多いというガス使用量に違いがあること、そしてもう一つがプロパンガスの存在です。

プロパンガスの全国平均

プロパンガスは基本料金も単価も都市ガスと比較して高く設定されているため、全国平均も必然的に高くなります。

プロパンガスの全国平均は、基本料金1,890円、単価523円であることから、同じ20㎥の使用で、12,350円にもなります。

都市ガスの全国平均と比べて明らかに高くなることがわかります。

地域毎に異なるプロパンガス料金の平均

日本の地域

プロパンガスの料金は、地域によって平均が大きく異なり、また季節によりガス使用量に違いがあります。

ここでは地域毎に異なるプロパンガス料金の平均をご紹介していきます。

関東地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,620円 491円 5.9㎥ 4,517円
冬期 1,620円 491円 12.4㎥ 7,718円
平均 1,620円 491円 9.2㎥ 6,137円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,620円 491円 8.8㎥ 5,967円
冬期 1,620円 491円 18.7㎥ 10,858円
平均 1,620円 491円 13.7㎥ 8,347円

 

北海道地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,949円 696円 2.4㎥ 3,619円
冬期 1,949円 696円 4.0㎥ 4,733円
平均 1,949円 696円 3.2㎥ 4,176円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,949円 696円 3.6㎥ 4,455円
冬期 1,949円 696円 6.0㎥ 6,125円
平均 1,949円 696円 4.8㎥ 5,290円

 

東北地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,710円 590円 3.3㎥ 3,657円
冬期 1,710円 590円 8.1㎥ 6,489円
平均 1,710円 590円 5.7㎥ 5,073円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,710円 590円 4.9㎥ 4,601円
冬期 1,710円 590円 12.2㎥ 8,908円
平均 1,710円 590円 8.6㎥ 6,784円

 

甲信越地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,719円 529円 4.4㎥ 4,047円
冬期 1,719円 529円 9.2㎥ 6,586円
平均 1,719円 529円 6.8㎥ 5,316円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,719円 529円 6.6㎥ 5,210円
冬期 1,719円 529円 13.9㎥ 9,072円
平均 1,719円 529円 10.2㎥ 7,715円

 

東海地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,671円 493円 5.6㎥ 4,432円
冬期 1,671円 493円 11.2㎥ 7,193円
平均 1,671円 493円 8.4㎥ 5,812円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,671円 493円 8.4㎥ 5,812円
冬期 1,671円 493円 16.9㎥ 10,003円
平均 1,671円 493円 12.7㎥ 7,932円

 

北陸地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,749円 558円 4.3㎥ 4,148円
冬期 1,749円 558円 9.2㎥ 6,883円
平均 1,749円 558円 6.7㎥ 5,488円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,620円 558円 6.5㎥ 5,379円
冬期 1,620円 558円 13.7㎥ 10,858円
平均 1,620円 558円 10.1㎥ 8,347円

 

近畿地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,714円 501円 5.5㎥ 4,470円
冬期 1,714円 501円 11.9㎥ 7,676円
平均 1,714円 501円 8.7㎥ 6,073円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,714円 501円 8.2㎥ 5,822円
冬期 1,714円 501円 17.8㎥ 10,632円
平均 1,714円 501円 13.0㎥ 8,227円

 

中国地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,801円 552円 4.4㎥ 4,230円
冬期 1,801円 552円 9.2㎥ 6,879円
平均 1,801円 552円 6.8㎥ 5,555円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,801円 552円 6.6㎥ 5,444円
冬期 1,801円 552円 13.9㎥ 9,474円
平均 1,801円 552円 10.2㎥ 7,431円

 

四国地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,694円 516円 4.4㎥ 3,964円
冬期 1,694円 516円 9.2㎥ 6,441円
平均 1,694円 516円 6.8㎥ 5,502円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,694円 516円 6.6㎥ 5,100円
冬期 1,694円 516円 13.9㎥ 8,866円
平均 1,694円 516円 10.2㎥ 6,957円

 

九州地方のプロパンガス料金

【2人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,663円 535円 3.7㎥ 3,643円
冬期 1,663円 535円 8.5㎥ 6,211円
平均 1,663円 535円 6.1㎥ 4,897円

【3人暮らし】

時期 基本料金 単価 使用量 請求額
夏期 1,663円 535円 5.5㎥ 4,606円
冬期 1,663円 535円 12.8㎥ 8,511円
平均 1,663円 535円 9.2㎥ 6,585円

引用:https://www.propane-npo.com/

平均と適正価格は違う

上記の全国平均を確認してみますと、全体的に都市ガスよりも遥かに高いガス料金に設定されていることがよくわかります。

しかしここで注意点として、上記はあくまでも平均であり、適正価格とは異なることを知っておく必要があります。

適正価格におきましても各エリアにより違いがありますが、基本料金は1,600円前後、単価は350円前後となります。

全国平均の単価は最も高いところで696円、安くとも491円となっていることから、適正価格よりも高く設定されているのです。

平均よりもガス料金を安くする方法

安くする方法

少しでも平均よりもガス料金を安くしたい場合、都市ガスへの切り替えが出来るのであればそれに越したことはありませんが、都市ガス供給エリア外ではそれが出来ません。

もしプロパンガスを利用していて都市ガスへの切り替えが出来ない場合には、プロパンガス会社の乗り換えという方法があります。

適正価格で供給しているプロパンガス会社へ切り替えることで、お得にガスのある生活を送ることが出来るようになります。

ただしアパートやマンションなど、集合住宅ではオーナーの承諾を得る必要があるため、事前に必ず相談するようにしてください。

都市ガスを安くする方法

2017年4月から開始されるガス自由化により、消費者が自由に都市ガス会社を選ぶことが出来るようになります。

これによって、今のガス料金よりも大幅に割安になることがあります。

ガス料金だけではなく、その他付帯サービスの提供も考えられることから、少しでも都市ガスを安くしたい場合には是非ガス会社の切り替えを検討してみてください。

私達が不自由なく日々の生活を送るためにガスは必要不可欠です。

ここでご紹介したガス料金の全国平均を目安にして、少しでも安くガスを使用出来る方法を考えてみてください。

またガス会社の乗り換えや切り替えだけを検討するのではなく、各ご家庭でガスを節約するという努力も大切です。

SNSでもご購読できます。