エコジョーズは95%という高い熱効率で、年間13,000円お得になる給湯器!

給湯器

エコジョーズの魅力

エコジョーズは、省エネルギーを実現するために研究を進めて開発された給湯器です。

主に二酸化炭素(CO2)の排出量を削減することを目的として、それまでの給湯器からエコジョーズへの切り替えを進めています。

CO2の削減が実現

エコジョーズがそれまでの給湯器と大きく違う点がCO2(二酸化炭素)の削減を実現しているところです。

それまでの給湯器と比較して、なんとおよそ15%のCO2が削減できてしまうのです。

その結果、電気の使用量が少なくなるため、電気料金の節約にもつながります。

廃熱利用

エコジョーズの特徴は、それまでの給湯器では「いらないもの」として捨てられていた廃熱(およそ200℃)を、再利用することで、お湯を沸かす時間を短縮しています。

エコジョーズの2つのお得

給湯器

エコジョーズには2つのお得なポイントがあります。

熱効率95%の高い効率

エコジョーズは、ガスを使うだけでなく、廃熱(およそ200℃)も使ってダブルでお湯を沸かすため、それまでの給湯器と比べて高い効率でお湯を沸かせます。

通常の湯沸かしだけでなく、追い焚きの際にも廃熱を再利用するため、より一層、熱効率が高まります。

それまでの給湯器の熱効率は約80%だったのですが、エコジョーズでは、95%という高い熱効率を実現しています。

光熱費の節約

エコジョーズの導入のためには、それまでの給湯器よりも購入費用や設置費用が高額になってしまうのですが、1年間を通した光熱費と考えますと、結果的に節約につなげることができるのです。

それまでの給湯器を使用した年間の光熱費は、およそ8万3千円と言われています。

それをエコジョーズに替えますと、年間の光熱費がおよそ7万円になるため、単純計算ではありますが、年間で1万3千円の節約になります。

給湯器の寿命はだいたい10年から15年とされているため、最初の投資分は充分に回収できるのではないかと思われます。

給湯器交換のタイミング

導入

給湯器には先述したように10年から15年の耐用年数となっています。

給湯器を交換するタイミングには7つの前兆があります。

  1. エラーコードが表示されなくなる
  2. 水の漏れが激しい
  3. 変な臭いがする
  4. 温度が一定にならない
  5. 使用している最中にも関わらず、お湯が水になってしまう
  6. いつも通りに使っているのに何故かガス料金が上昇している
  7. 使用中に騒音が発生する

このような前兆がありましたら、早めに給湯器を交換することをおすすめします。

エコジョーズの導入

それまでの給湯器をエコジョーズに変更するためには、設置場所を選ぶ必要があります。

まず、ドレン排水管が設置できるかどうかがポイントとなります。

特にマンションの場合、ドレン排水管が設置できないケースが多かったため、これを憂慮したメーカーサイドの企業努力により、浴室の排水口にドレン排水が流せるシステムが提供されています。

それから、エコジョーズには、それまでの給湯器と比べて多くの湯気が発生するため、アルミサッシなどの金属部分の腐食につながると言われています。

そのため、近隣住宅の金属部分から近い場所にエコジョーズを設置するのは避けたほうが良いかもしれません。

補助金制度

給湯器

それまでの給湯器をエコジョーズに交換することで、2010年までは国からの補助金を受けることができました。

とはいえ、国からの補助金はなくなりましたが、地方自治体によっては、エコジョーズ導入のための補助金が受けられるケースもあります。(2016年時点です)

北海道

北海道の小樽市では、「小樽市住宅エコリフォーム助成事業補助金」として、補助率10%で上限は30万円の補助金が申請後に受けられます。

申請期間は、2016年4月1日からです。

北海道帯広市では、「新エネルギー導入促進補助金」として、エコジョーズの場合、対象経費の10%で上限は5万円の補助金が受けられます。

申請期間は、2016年4月1日から2017年1月31日までとなっています。

青森県

青森県上北郡七戸町では、「七戸町クリーンエネルギー促進事業費補助金」として、エコジョーズを導入すると、設置費用の10%で上限5万2千円までの補助金が受けられます。

申請期間は2016年4月1日から2017年3月31日までとなっています。

宮城県

宮城県大崎市では、「大崎市エコ改善推進事業補助金」として、エコジョーズ導入に対して一律2万円の補助金が受けられます。

申請期間は2016年7月1日から2016年12月27日までです。

秋田県

秋田県にかほ市では、「にかほ市住宅リフォーム支援事業補助金」として、50万円以上の太陽光発電システムもしくはエコジョーズの設置工事を行った場合、工事費用の5%で上限10万円までの補助金が受けられます。

申請期間は2016年4月1日から2017年3月31日までとなっています。

山形県

山形県鶴岡市では、「鶴岡市住宅リフォーム支援事業補助金」として、エコジョーズを設置するためのリフォーム工事に対して、工事費用の10%で上限が20万円の補助金が受けられます。

空き家のリフォームに関しては、上限額が最高で70万円の補助金となります。

申請期間は、2016年4月1日から2017年1月31日です。

福島県

福島県河沼郡柳津町では、「柳津町省エネ住宅改修支援事業補助金」として、エコジョーズの設置工事をした場合、5万円以上の対象となる工事費の半分で、上限は15万円までの補助金が受けられます。

申請期間は2016年5月2日から2017年3月24日までです。

茨城県

茨城県土浦市では、「住宅用環境配慮型設備導入事業費補助事業(太陽光発電・高効率給湯器等)」として、エコジョーズを導入すると、エコジョーズ1台につき4万円の補助金が受けられます。

申請期間は2016年4月12日からです。

茨城県常陸太田市では、「常陸太田市住宅用太陽光発電システム及び市住宅用高効率給湯器設置補助金」として、エコジョーズ1台の設置につき3万円の補助金が受けられます。

申請期間は2016年4月1日から2017年3月31日までとなっています。

栃木県

栃木県足利市では、「住宅省エネルギー対策エコポイント」として、エコジョーズの導入に対して1万ポイントが付与されます。ポイントは、足利市で使える金券となります。

申請期間は、2016年5月2日から2017年3月31日までです。

栃木県小山市では、「小山市住宅用新エネルギー機器等設置費補助制度」として、エコジョーズに交換すると一律1万円の補助金が受けられます。

申請期間は2016年4月1日から2017年4月30日までとなっています。

群馬県

群馬県館林市では、「館林市住宅用太陽光発電システム設置補助金」として、エコジョーズの設置に対して2万5千円/kw、上限8万円の館林市金券が発行されます。

申請期間は2016年4月26日から2017年3月17日までです。

埼玉県

埼玉県所沢市では、「所沢市エコリフォーム奨励金」として、所沢市に住民登録されている「埼玉県スマートハウス化補助金」の交付が決まっていて、エコジョーズを導入している人は、「埼玉県スマートハウス化補助金」の確定額の25%を補助金として受けられます。

申請期間は2016年5月9日から2017年3月31日までとなっています。

埼玉県久喜市では、「久喜市住宅用エネルギーシステム設置費補助金」として、エッコジョーズを設置した人に対して、一律3万円の補助金が受けられます。

申請期間は2016年4月15日から2016年12月22日までです。

東京都

東京都世田谷区では、「世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金」として、エコジョーズの設置工事をした方に、工事にかかる経費の10%で上限20万円の補助金が受けられます。

申請期間は2017年2月28日までです。

 

他にも神奈川県、山梨県、長野県、新潟県、福井県、石川県、富山県、静岡県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県の一部地域で補助金制度が実施されていますので、気になる方は、お住いの地域のホームページをチェックしてみると良いかもしれません。

SNSでもご購読できます。