プロパンガス給湯器おすすめベスト5!

給湯器

現在は都市ガスを使用できるエリアもかなり多くなってきました。

しかし、山間部も多い日本ではどうしても都市ガスが広げられないエリアもあって、この場合はプロパンガスを使わざるを得ません。

同時にプロパンの場合は都市ガスと比べると重く、空気中に発散しにくくて爆発のリスクが高まります。

そのため、給湯器などは安全で信頼のおけるものを購入することが求められるでしょう。

今のガス給湯器を見ると、プロパンガスと都市ガスが共に使えるタイプのものがかなり多くなってきています。

ただ、プロパンガスを使う場合は、都市ガス使用の際よりさらに安全視点での製品選びが必要となってきます。

今回はプロパンガスの使用に適した給湯器について、様々なニーズによるベスト5をご紹介してきます。

料金が高いプロパンガスでも給湯器は大容量で安いタイプが良い

プロパンガス

プロパンガスと言えば都市ガスよりもコストが高いイメージがありますが、実際にユーザーとして使用されている方の感想を見てみると、やはりガス代そのものもとても高いことが多いのです。

そのため、ガス代の支出は仕方がないと思う方が多い反面、プロパンガスの給湯器は安くて大容量のものを選びたいと思う方がかなりいらっしゃるでしょう。

これを踏まえて、まずランキングの第1位と第2位をご紹介します。

おすすめ~第1位~GT-C2452SAWX-2 BL 24号

GT-C2452SAWX-2 BL

http://www.noritz.co.jp/product/kyutoki/gus/eco_auto02/lineup24.html

最初にご紹介するのは、ノーリツの【GT-C2452SAWX-2 BL 24号】と呼ばれるエコジョーズ機器です。

この製品は、ノーリツの製品の中でも機能バランスが優れていて、容量も24号ととても大きいことが高い人気の秘密と言えます。

常に高めの温度を維持できるフルオートの追い炊き機能が現在は人気となっていますが、フルオートだと長期的にはガス代も高くなります。

ただでさえ、プロパンガスはコストも高いので追い炊きもオートにしておいた方が維持費も安く済むのです。

プロパンの場合は熱効率も非常に高いので、冷めにくい傾向があるのも事実です。

そんな中で、およそ6万円台から購入できる本製品はかなりリーズナブルといえます。

また、この製品は操作性にも優れていて、高齢者にも分かりやすい大きめのコントローラもかなり評判が良いと言えます。

おすすめ~第2位~RUF-E2405SAW 24号

RUF-E2405AW(A)

http://rinnai.jp/products/waterheater/gas/free/rufe/

さて、次にご紹介するのは、リンナイの【RUF-E2405SAW 24号】という名のエコジョーズ給湯器になります。

この機種は先ほどのノーリツの機種と比べて最安値が数千円ほど高い機能的に同等クラスとなります。

ただ、販売店の多くは8万円台以上のところが多く、価格的には先ほどのノーリツのものを選ばれる方が多くなっているかもしれません。

また、リンナイのタイプは操作がノーリツの製品よりも難しいという評価もあって、この点においても同じスペックでありながらリンナイが不利になっていると言えるでしょう。

リンナイのネームバリューは抜群で安心感があり、やはり24号タイプのプロパンガス給湯器として安定した人気を誇る製品の1つには間違いありません。

どうせ買うならフルオートで安いものが良いという世帯向けのタイプ

お風呂

家族が多くて、常に安定した温度のお湯が必要というご家庭もまだまだあります。

この場合にはやはりフルオートでの追い炊きがかなり役に立ち、ある程度お風呂に入る方が多い場合でも、長い時間安定した給湯が実現されることでしょう。

でも、このような機種で多くの方が心配されることと言えば、価格が高いのではないかという点になるのです。

ここでは価格もかなり割安で、フルオートで追い炊きができる第3位の機種をご紹介していきます。

おすすめ~第3位~GT-C2452AWX-2 BL 24号

GT-C2452AWX-2 BL

http://www.noritz.co.jp/product/kyutoki/gus/eco_fullauto02/lineup24.html

今回ご紹介するのは、ノーリツ【GT-C2452AWX-2 BL 24号】という型番のエコジョーズ給湯器です。

24号でフルオート、しかも最低価格にて7万円台前半で購入できるお得な機種となります。

理屈から言えばランキングでも第1位になっても良い機種なのですが、フルオートで電気代も高くなりがちなのでここに入っているのです。

それでも、この機種は大家族にはかなり人気の機種になり、ノーリツにおけるフルオート給湯器と言えばこれを指すことも多いでしょう。

もちろん、エコジョーズ機種なので運用方法をきちんとしていれば、それなりにガス代も安く抑えることができます。

家族の誰が使用しても使いやすいと言われるコントローラも評価が高く、少人数世帯では宝の持ち腐れもしれませんが異なる世代の家族が同時に使い続けるのならとても良い機種と言えるのです。

プロパンガスによる無駄な給湯を減らしたい世帯向けタイプ

給湯機

しかし、ご家庭によっては出力もそんなにいらないし、お湯の量もそこそこで良いよっていう世帯も多いのではないでしょうか?

お湯を多めに沸かせば使わないと無駄ですし、それまで沸騰に使った電力ももったいないと言えるかもしれません。

ここでは第4位と第5位として、可能な限り無理なくエコに給湯機を使っていきたいという方におすすめのものをご紹介いたします。

おすすめ~第4位~GT-C2052SAWX-2 BL 20号

GT-C2052SAWX-2 BL

http://www.noritz.co.jp/product/kyutoki/gus/eco_auto02/lienup20.html

先にご紹介するのがノーリツ製【GT-C2052SAWX-2 BL 20号】の給湯器で、エコジョーズ機器になります。

6万円前半で購入できる機器なのでかなりお得ですが、お店によってはかなり割高になる傾向を持つ機種でもあるので価格的な評価が分かれるのです。

また、20号機種で追い炊きがオート機能で6万円台は少し高いと感じるユーザーも多いようで、この点もランキングとしては少し上位と差がついていると言えるでしょう。

ただ、昔の機種から変更したユーザーの口コミを見てみても、エコ機器らしく稼働時にもあまり音がうるさくないという感想も見られます。

さらに、もともとの電力消費がノーリツの他機種と比べてそれほど高くないこともあって、電気代が安くなったと言う評価もかなり高いことが大きな特徴といえるでしょう。

おすすめ~第5位~GT-C2052SARX-2 BL 20号

GT-C2052SARX-2 BL

http://www.noritz.co.jp/product/kyutoki/gus/eco_auto02/lienup20.html

そして、次にご紹介するのは同じくノーリツ製の【GT-C2052SARX-2 BL 20号】と呼ばれるエコジョーズ機種になります。

上の20号機種と比べると最低価格が7万円台前半と少し高めで、そのせいもあって上の機種と比べると評価は落ちるでしょう。

それでも、どの販売元でもあまり価格が高止まりしていないメリットもあり、決まった予算内でのスムーズな取り換えにはとても向いている機種なのです。

また、口コミから見ても確実に電気代に関しては低くなっていることが評価されていて、将来的に水量もそれほど変わらないと言うご家庭であれば積極的に切り替えても悪くない製品とも言えるでしょう。

燃焼時にもたいへん静かで、深夜における使用にも問題なく適していますよ。

家庭に合ったプロパンガス給湯器は、このポイントで見つける!

給湯器

家庭事情によってランキングを進めてきましたが、ここからはプロパンガスの給湯器を上手く自分に合ったものを見つけるためのポイントをチェックしていきます。

給湯器の価格を見ると全体的に流動的な面もあって、相場がなかなか見えにくいこともあるのです。

また、せっかく質の良いタイプを購入しても、その機能を自分の家では上手に発揮できなかったと言うことも少なくありません。

購入時の再確認という意味で、ここでは見ていきましょう。

世帯人数にあった出力を持つ給湯器を選ぶことがベスト

プロパンガスの給湯器を購入する場合に最も重要なポイントは、家族の人数に十分にマッチしているかということです。

通常、家族が多ければ水を使う量も自ずと増えていきますので、給湯器における燃焼時間もそれに応じて長くなります。

この場合にスペックの低い少人数タイプを使っていると、機器への負荷がかなり大きくなってエネルギー効率もどんどん悪化していきます。

結局のところは面倒でも出力も容量も家庭に合ったものを購入すべきで、このポイントを意外に疎かにされているご家庭が多いのが現状です。

特定の販売元での購入にはこだわらないのが無難

給湯器の購入についても現在はかなり多くの販売店での購入が可能で、同じ機種であってもかなりの価格差がある場合をよく見かけます。

つまり、購入後になって別の店で買った方がもっと安かったと後悔するケースが後を絶たないのです。

購入機種によっては数千円レベルではなく、数万円も購入価格が違うことがあります。

また、購入タイミングも価格変動のかなり大きな要素になり、購入前の品定め時にマメにネット上で価格の比較をしておくことが求められます。

よって、どんなに優良な販売店であっても決してその店にこだわる必要はなく、できるだけ多くの販売店の価格をチェックしてどの販売店が結果的に設置もスムーズにいくのかについて総合的に判断してください。

SNSでもご購読できます。